ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

コラムタウンレポーター マツエイエムスビ

9/49

島根県松江市 クリエイティブ・コモンズ

[東津田]永瀬美貴(ながせみき)さん

去年に続き今年も、市内の古い建物や空き家活用について活動を行っている団体を紹介します。
地域で深刻化している中心市街地の空洞化は松江も例外でなく、空き家増加という問題に直面しています。まちなかを歩くたびに、見慣れた景色の中からポツポツと建物が壊されて空き地になっていき、その速さに危機感を感じています。
そんな状況を何とか転換させ、次の世代へと繋げるべく立ち上げられたのが『マツエイエムスビ』。代表は設計事務所を経営している梶田裕幹さん、朝倉崇文さん、朝倉明香里さん。空き家が増加する中で、まちで起業を志す若者も多くいることに着目し、物件紹介・マッチングから、改修デザイン、工事までをカバーした事業展開を行っています。
物件第一号として、寺町にある古民家で空き家の見学会、解体お掃除ワークショップ、昨年末には空き家BARを1日限定で開催するなど、古い建物の新しい魅力に想像が膨らみます。そしてその物件第一号は団体が買い取っていて、既に利用が決まっているそうです。
こうやって新しく改修されるまでの工程を体験できるのはおもしろく、オーナーからみても自分の建物がどうなっていくのか見られるのは貴重な事だと思います。
また、素晴らしいと思うのが、イエムスビでは空き家調査から企画、管理・賃貸を行っていることです。空き家問題を解決してまちを盛り上げたいと何かを始める人がいる一方で、なかなか進まない原因となっているのが、空き家やその情報が所有者から表に出されにくい事だと思います。どうにかしたい建物はあっても、他人に見せるまでのハードルが高かったり、売るにしては古かったり、でも愛着はあって壊したくないなど…自分の手に負えなくなった建物について、まず相談できるのはありがたいです。今後もこの活動に注目していきたいと思います。

マツエイエムスビへの問い合わせは、【E-mail】info@matsue-iemusubi.jpまで。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU