ユーザー登録
文字サイズ

市報松江 2019年9月号

災害に備えて

1/52

島根県松江市 クリエイティブ・コモンズ

夏から秋にかけて、日本に接近・上陸する台風が多くなり、大雨・暴風・洪水・高波・高潮などをもたらします。
松江市でも、昭和47年7月豪雨や平成18年7月豪雨などで大きな被害が発生しています。災害時に慌てることのないよう、日ごろから災害時の行動などを確認しましょう。

■警戒レベルを用いた避難情報
市では、地震・水害・土砂災害などにより市民の皆さんの生命・身体に危険が及ぶ恐れがある場合に、避難情報を発令します。水害や土砂災害については、発生の恐れの高まりに応じて、住民の皆さんがとるべき行動を「警戒レベル」を付けて発令します。

《警戒レベル4の防災メール配信例》
警戒レベル4、避難開始。
こちらは松江市です。
〇〇地区に洪水に関する警戒レベル4、避難勧告を発令しました。◇◇川が氾濫する恐れのある水位に達しました。
速やかに全員避難を開始してください。

防災情報を知るために防災メールに登録しましょう。
QRコードから登録用メールアドレスが入手できます。メール本文内に記載された登録用URLをクリックし、免責事項をご確認の上、配信希望情報などを登録してください。

◆警戒レベル5
◇住民がとるべき行動
命を守る最善の行動
・すでに災害が発生しています。命を守る最善の行動をとってください。

◇避難情報など
災害発生情報[市が発令]

◆警戒レベル4
◇住民がとるべき行動
全員避難
・対象区域の人は速やかに避難場所へ避難してください。
・外に出ることが危険だと思われる場合は、近くの安全な場所や自宅の2階など、より安全な場所に避難してください。

◇避難情報など
避難指示(緊急)、避難勧告[市が発令]

◆警戒レベル3
◇住民がとるべき行動
高齢者などは避難
・避難に時間がかかる人(お年寄りや身体に障がいのある人、妊娠している人など)とその支援者は避難を開始してください。
・そのほかの人は避難の準備をし、自発的に避難してください。

◇避難情報など
避難準備・高齢者等避難開始[市が発令]

◆警戒レベル2
◇住民がとるべき行動
避難行動の確認
・ハザードマップなどにより、災害リスク、避難場所や避難経路、避難のタイミングなどを再度確認し、避難に備えてください。

◇避難情報など
注意報等[気象庁が発表]

◆警戒レベル1
◇住民がとるべき行動
災害への心構えを高める
・気象情報などの最新の情報に注意するなど、災害への心構えを高めてください。

◇避難情報など
早期注意情報(警報級の可能性)[気象庁が発表]

《警戒レベル4で全員避難!》

■防災ガイドブックをお届けします
災害の特性や防災ハザードマップ(災害予測図)などを掲載した「防災ガイドブック」を全戸配布しています。
※9月17日までにお手元に届かない場合は、防災安全課【電話】55-5174までご連絡ください。

◇防災ハザードマップを活用しましょう
ハザードマップって何?
洪水、土砂災害や津波のときにどこが危険か、避難場所はどこかが分かる冊子だよ。
活用例を一緒に見てみよう!

1.自宅の位置を確認し、〇を付ける
自宅の位置とあわせて、警戒区域や危険な箇所をチェック。

2.自宅の近くの避難場所を確認し、〇をつける
さまざまな災害の状況を想定し、最寄りの避難場所だけでなく、複数の避難場所を確認。

3.避難経路を考える
幅の広い道路を選ぶ、川や斜面の近くを避けるなどなるべく安全な避難を考える。

4.実際に避難経路を歩いてみる
実際に歩いてみて、避難経路の危険なところや注意が必要な場所、避難にかかる時間などを確認。

※災害が起きやすい場所を赤色・黄色で表示しています。
レッドゾーン(土砂災害特別警戒区域)
イエローゾーン(土砂災害警戒区域)

※浸水した場合に想定される水深を水色の色別に示しています。

問合せ:防災安全課
【電話】55-5115

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 松江市 〒690-8540 島根県松江市末次町86