ユーザー登録
文字サイズ

市報松江 2019年8月号

シリーズ「松江の匠(たくみ)

5/48

島根県松江市 クリエイティブ・コモンズ

市は長年にわたり地域産業の発展に貢献された技能者の方々を表彰しています。
平成30年度 松江市手作り産業優良技能者表彰

■No.5 山根眞一(やまねしんいち)
山根菓子店(石橋町)
(功労賞受賞)
推薦団体:松江菓子協会

幼いころから和菓子職人に憧れていた山根さん。地元老舗和菓子店を営む父のように確かな技術を持つ職人を目指してこの道に進むことを決め、他の和菓子店で8年半、商品開発・製造現場で修行を積みました。その後、平成7年に家業の山根菓子店に戻り、その後も研鑽(けんさん)を重ねました。
職人として「不易流行(ふえきりゅうこう)」をモットーに、味への拘りをもって積極的に試作に取り組み、細部までおろそかにしません。その上、良いものを手ごろな価格で提供し、固定客や取引先から高い評価を受けています。
後継者不足に悩む業界ですが、長年、後進の育成に積極的に取り組み、和菓子技術の研究会である松和(しょうわ)会から大きな信頼を得ています。老舗として長年愛された父のお菓子を引き継ぎ、時代に合わせて発展させ後世に伝えます。

■No.6 目次潤平(めつぎじゅんぺい)
夢蓂(むめい)窯(浜乃木六丁目)
(奨励賞受賞)
推薦団体:一般社団法人島根県物産協会

高校生のころ、陶芸作品に興味を持ち、この業界に入った目次さん。京都の学校で勉強し若い頃から研鑽を重ね、ロクロ成形・施釉(せゆう)・焼成(しょうせい)など高い陶器製造技術を習得し、窯を引き継ぎました。
県内では作り手が少ない「青瓷(せいじ)」にも取り組んでおり、平成19年には出雲大社に「青瓷鉢」を奉納しています。
自身の窯である夢蓂窯のオリジナル陶器は「毎日使いたくなる器」「大切な方に贈りたい器」を心掛けて制作しています。使う人の暮らしに溶け込み、落ち着いた色味は心を和ませてくれます。
今後は、自身の作品を美術展・陶芸展に出品することで、陶芸に興味を持つ地元の人を増やし、また若手陶芸家の技能・資質向上に尽力することを目標としています。

問合せ:まつえ産業支援センター
【電話】60-7101

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 松江市 〒690-8540 島根県松江市末次町86