ユーザー登録
文字サイズ

市報松江 2019年5月号

木造住宅の耐震化への第1歩は耐震診断です

10/43

島根県松江市 クリエイティブ・コモンズ

市は、松江市木造住宅耐震診断士派遣制度に基づき、(一社)島根県建築士会より推薦を受けた登録派遣診断士の皆さんの協力を得ながら、耐震診断事業を進めており、平成30年度も多くの人に申し込んでいただきました。
耐震診断について、市登録の派遣診断士さんに聞いてみました。

■1級建築士 前島修さん
Q.耐震診断の現地調査の内容は?
A.目視調査(外部・内部仕上、天井裏、床下など)と実測調査(柱の傾斜、基礎の鉄筋の有無、床下木材の湿度など)を行います。調査の所要時間は2時間程度です。

■1級建築士 足立正智さん
Q.耐震改修は必要ですか?
A.大地震は必ず来ます。耐震性が十分あった住宅は熊本地震でも無傷でした。

■1級建築士 池田眞治さん
Q.耐震診断は大変ですか?
A.大変です!私の場合は調査・図面作成・診断ソフト入力・報告書作成・報告など全てで4日・延べ32時間以上かかります。本来10万円程度の費用がかかる業務ですが、市のサポートを得ながら、診断士全員が熱意を持って、4万円(実質負担7千円)で実施しています。ぜひこの制度を利用いただければと思います。

■1級建築士 坪倉菜水さん
Q.耐震診断について市民の皆さんに知ってもらいたいことは?
A.結果が全てではなく、まずは建物の状態を知ることや対策を診断士と共に話し合うことが命を守る第一歩だと思います。診断士にお気軽に相談いただけたらと思います。

■1級建築士 亀山英嗣さん
Q.耐震診断の目的は?
A.耐震診断とはわが家における地震被災状況を考えることです。地震は起きないだろうと油断せず「耐震診断」を、そしてリフォームするなら「耐震リフォーム」を!住宅の安全性が快適さを生み出します!

本年度も実費7,000円で耐震診断を受け付けておりますので、お気軽に問い合わせください。
※本事業の対象は、昭和56年5月以前に建築された木造住宅で6月以降に増築のない場合です。

問合せ:建築指導課(住宅総合相談窓口)
【電話】55-5342

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 松江市 〒690-8540 島根県松江市末次町86