ユーザー登録
文字サイズ

市報松江 2019年3月号

歴史の中に地域の夢、地域の未来を見つけます 平成31年3月発刊予定の『松江市史』

12/43

島根県松江市 クリエイティブ・コモンズ

■松江藩の時代を叙述した通史編「近世」の第1弾!
通史編3「近世1.」 A5判、約800ページ、5,000円(税別)
本巻は『松江市史』全18巻のうち、通史編3「近世1.」として刊行するものです。
城下町として建設された松江が政治的支配の拠点となった時代、すなわち松江藩の時代を対象として、松江地域の歴史や文化の推移を執筆しました。
これまでに発刊した史料編1.~4.に掲載された史料などを基本として、この時代を支配した堀尾氏、京極氏、松平家の統治機構や領域行政について、松江藩の特徴に留意しながら、最新の歴史研究を踏まえ、全国的な視野に立って記述しています。

お求めは、市史取扱店(市内の主要書店・松江歴史館ミュージアムショップ)で
※詳しくはホームページをご覧ください。
『松江市史』で検索

問合せ:史料編纂課
【電話】55-5388

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 松江市 〒690-8540 島根県松江市末次町86