ユーザー登録
文字サイズ

松江の皆さんこんにちは

5/43

島根県松江市 クリエイティブ・コモンズ

梅木隆志(うめきたかし)
1946(昭和21)年生まれ。
下宇部尾小、美保関北中、松江北高、高崎経済大学経済学部卒、大同生命保険会社入社。
主にIT部門・営業部門に携わり、63歳で退職。近畿双松会副会長。近畿松江会会員。松江観光大使。大阪市鶴見区在住。

故郷を離れて、半世紀。職業柄、転勤があり、大阪を皮切りに浜松・東京・宇都宮・横浜・広島と勤務し、また出張・旅行で日本全国の都道府県に行きましたが、独身時代から現在まで、毎年、お盆のころには墓参りに帰省しています。今後も元気である限り続けたいと考えています。
帰省の度に松江が変わっていくのをこの目で見てきました。くにびき大橋・宍道湖大橋・フォーゲルパーク・ティファニー庭園(現イングリッシュガーデン)・レイクライン・大根島の陸続き・松江歴史館・堀川遊覧・県立美術館・だんだん道路など、できた時に家族を連れていきました。
また、帰省時には「出雲そば」のおいしい店を探し歩くのが楽しみです。昨年は、鬼の舌震近くまで行きました。妻と子どもは大阪生まれですが、今では松江の大ファンです。
ところで、今住んでいる地域には15の町会があり、運動会・盆踊り・高齢者対象の「ふれあい喫茶」・防犯活動などを行っており、年一回は町会長・女性部長の40人ほどの慰安旅行があります。
数年前、町会長になった時、山陰地方を提案し、皆さんの賛同を得て、皆生温泉に泊まった後、ベタ踏み坂(江島大橋)を渡り、松江へ。
松江の滞在時間が限られており、地ビール館での昼食、堀川遊覧の乗船だけとなりましたが、帰りのバスの中の酒の肴に買った名物「あご野焼き」「赤貝の煮付」が大好評、松江は良いまちであったとのことで提案者として安堵しました。
今後も、友人・知人に声をかけ、微力ながら松江のために多くの観光客が訪れるようPRに努めます。

近畿松江会にご入会ご希望の方はご連絡ください。
〒543-0014 大阪市天王寺区玉造元町2-34 東洋軒ビル4階 竹谷設計事務所内 近畿松江会事務局
【電話】090-3054-9159(竹谷)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 松江市 〒690-8540 島根県松江市末次町86