ユーザー登録
文字サイズ

市報松江 2018年3月号

町自連だより「身近な自主防災組織を大庭全域に 災害に強い町づくりを目指す」

7/44

島根県松江市 クリエイティブ・コモンズ

大庭地区は人口9千300人余りで、古代出雲の国、発祥の地として多くの歴史文化遺産があります。近年では国道432号バイパス工事に併せた区画整理事業により、多くの企業が進出。古今一体化した住み良い、住みたい町づくりが進み、大庭地区の中心地としてにぎわっています。
一方で、大切なのが予期せぬ激甚災害への対応であり、有事直後に最も素早く対応できる自主防災隊を大庭全域で結成する取り組みを4年前から始めました。災害弱者も含めた、安心安全な町づくりのために、53自治会に身近な自主防災隊の結成を呼び掛けてきました。平時から危機意識を高め、訓練や研修で、災害による被害を最小限に留めたいとの一心が通じたのか、大庭地区の75%で自主防災隊が結成されました。今年度は研修や訓練が10カ所以上で実施または予定されています。
今後もさらに活発な活動で、安全で暮らし良い町づくりにまい進したいと考えています。

大庭地区自治協会 会長 村島勲

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 松江市 〒690-8540 島根県松江市末次町86