ユーザー登録
文字サイズ

市報松江 2018年1月号

国民健康保険の被保険者証の 更新時期などが変わります

11/42

島根県松江市 クリエイティブ・コモンズ

現在の国民健康保険(国保)は市町村ごとに運営されていますが、30年4月からは都道府県も市町村とともに国保運営を担うことになります。これにより、島根県内の市町村では被保険者証(保険証)の更新時期の統一(8月)を予定しています。松江市でも、保険証などの取り扱いについて、次のとおり実施します。

1.保険証の更新時期が4月から8月に変わります

※30年は保険証を2回送付します。詳しくは、下記の「発送スケジュール」をご確認ください。

2.保険証の様式が変わります
島根県が松江市とともに保険者となるため、保険証に「島根県」を印字するなど、様式を変更します。なお、保険証については、30年8月から新様式に変わります。

3.高齢受給者証と保険証を一体化します
これまで70歳から74歳の人は、医療機関の窓口で「保険証」(カードサイズ)と「高齢受給者証」(B7サイズ)の2枚の提示が必要でしたが、30年8月1日からは、「保険証兼高齢受給者証」(カードサイズ)1枚の提示となります。
なお、保険証と一体化した「保険証兼高齢受給者証」は30年7月下旬に送付します。

◇30年7月末まで(2枚提示)
・保険証(カードサイズ)…縦5.4cm×横8.6cm
・高齢受給者証…縦12.7cm×横9.1cm

◇30年8月から(1枚提示)
保険証兼高齢受給者証(カードサイズ 縦5.4cm×横8.6cm)

◇発送スケジュール
発送スケジュールをご確認ください

問合せ:保険年金課 国保・年金係【電話】55-5263

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 松江市 〒690-8540 島根県松江市末次町86